05
1
3
5
6
10
11
14
16
18
23
24
25
26
28
29
30
31
   

北海道素材のパンケーキ★チョコラチョコラ

昨年、恵庭にオープンしたパンケーキのお店、チョコラチョコラへ訪れました。

DSCN3095_convert_20140511160713.jpg

江別製粉と共同で試行錯誤を重ねた、オリジナルのパンケーキミックス粉と北海道産の卵、牛乳を使用した、こだわりのパンケーキ店で、ふわふわもちもちでふっくら焼き上げる為、スチームグリドルを北海道で初導入したのだとか。

恵庭のイタリアンレストラン ピッツェリア エ トラットリア チェルボ、イタリアンジェラート専門店 ジェラテリア・ジジの系列店のようです。

過去記事はこちらへ
恵庭市 ジェラート専門店 Gigi
恵庭市 ピッツェリア エ トラットリア チェルボ

駐車場はお店の敷地内に数台の他、お店向かい側にある洗車場の並び(お店の斜め向かい側)に、砂利がひかれた広い駐車場がありました。

店内に入ると満席だったようで、名前を書いて待つ旨、案内がありました。
夕方に訪れた為か、数分待つとすぐに席に案内されました。

メニューを見ると、素材本来の美味しさが味わえる、昔ながらのパンケーキの他、デザート系パンケーキ、お食事系パンケーキと様々です。

悩みつつもデザート系パンケーキをオーダーしました。

待っている間に気づいたのですが、1枚減らすごとに100円引きになるようです。

DSCN3099_convert_20140511160741.jpg

ピーチティーです。

DSCN3100_convert_20140511160803.jpg

甘みがあって、美味しい♪
お腹が空いて、喉も乾いていたので、パンケーキが出来る前に、一気に半分くらい飲んでしまいました(^^ゞ

しばらくして、パンケーキが到着しました♪
自家製ブルーベリー&ヨーグルトソースのパンケーキ(1200円)です。

DSCN3104_convert_20140511160827.jpg

やや酸味のあるヨーグルトソースとフルーツが、パンケーキを取り囲んでいます。
パンケーキの上には、ジェラテリア・ジジのジェラートが乗っています。

パンケーキは幅10cm弱、厚み1cm弱程度だったので、3枚でも大丈夫でした。
逆に2枚に減らしていたら、私にとっては物足りなかったかもしれません。

パンケーキはふわふわで、シンプルな味わいです。
ジジのジェラートは、やはり美味しく頂きました。
ジェラートのコクを味わいつつ、ヨーグルトと果物の酸味で、さっぱりと頂きました。

プレートはお店のオリジナルのようで、店名の「chocola-chocola」と記され、とても可愛いです。

こちらは、チョコバナナのフレンチパンケーキ(1000円)です。

DSCN3105_convert_20140511160848.jpg

フレンチトーストのように、パンケーキが浸ったように柔らかくなっているようです。
普段は甘党の夫ですが、甘さが途中で飽きてしまったようでした。
こちらのパンケーキも、ジジのジェラートが乗っています。

店内です。

DSCN3107_convert_20140511160905.jpg

食べ終える頃には、店内も空いてきました。

お店の雰囲気は良いですし、店員さんの対応も一般的な感じでしたが、こだわりのパンケーキに、ドリンクを付け2人で3000円弱にしては、残念な所がありました。

それは、プレート外側の欠けです。

足あと模様と同化して、一見わかりにくいのですが、数カ所が部分的に欠けて白くなっていました。
私だけではなく、夫のプレートも同様でした。

食器やカトラリーも重視する私のようなタイプには、せっかく綺麗で美味しいお料理でも、それらに不備があると興醒めしてしまいます。

これが破格値のお店でしたら話は別なのですが、こだわりのパンケーキのお店なのですから、食器にも目を配って頂きたい所です。

チョコラ チョコラカフェ / 恵庭駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

スポンサーサイト

theme : 北海道
genre : 地域情報

函館番外編

今年のGW函館旅行記、これでラストです。

住宅街にある桜並木が綺麗でした。

DSCN2980_convert_20140511164919.jpg

乃木町の桜ヶ丘通りです。


函館のレトロ路面電車、箱館ハイカラ號。

DSCN3002_convert_20140511165405.jpg

とても趣があります。


出発日の昼食は、手作りサンドイッチです。
(写真は、作ってすぐ撮影)

DSCN2859_convert_20140511165510.jpg

数日前に作り、冷凍保存しておきました。

GW真っ只中で、渋滞にハマると昼食を摂る時間が読めないので、持参しました。
出発する日の朝、冷凍庫から出し、常温で5〜6時間程で解凍します。

レシピはこちらへ
冷凍保存可★ポテトサラダのサンドイッチ
冷凍保存可★タマゴサンド

作りたてに比べ味は落ちますが、時間がある時に作って、当日は冷凍庫から出すだけなので便利です。

大沼公園の手前で少し渋滞していましたが、思っていたよりはスムーズに函館に到着しました。

お昼頃通りがかった、ラッキーピエロ 森町 赤井川店は、外にも人が溢れる程混雑していたので、昼食を持参する事で、時間短縮になったと思います。

大好きな街 函館。
今度はいつ行けるかな〜。

函館の過去記事はこちらへ
tortoiseshell's diary 函館市


theme : 北海道
genre : 地域情報

ラッキーピエロ 峠下総本店

ラッキーピエロ 峠下総本店です。

DSCN3079_convert_20140511154928.jpg

国道5号線沿いにあり、札幌方面からだと森町 赤井川店についで2番目に登場します。
145台分の駐車場があり、208席ある店内は、とても広々としています。

帰路に付く前に立ち寄りました。

混雑しているようには見えなかったのですが、店内外に人が点在しているので、実は多くの人が待っていたようです。
オーダーの際、1時間程度待ち時間がある旨、説明がありました。

イートインの場合、オーダー後に紙を渡されます。
好きな席に着いたら、その紙に席番号を書いて、オーダーカウンターにある専用のカゴに入れると、席に運んでくれるシステムです。

しばらく待ちそうなので、店内を散策する事に・・・
遊び心があるお店なので、色々見ているだけでも楽しくなります。

DSCN3067_convert_20140511154713.jpg

入り口には巨人が座りそうな大きな椅子がお出迎え。

DSCN3069_convert_20140511154737.jpg

入って左手には、ラッキーピエロのオリジナル商品が色々販売されていました。

DSCN3070_convert_20140511154800.jpg

ガラナ、レアチーズケーキ、ポテトチップス、ラーメンなどなど。
ポテトチップスとラーメンをお土産に購入しました。

ウッドデッキには、大きなチャイニーズチキンバーガーのイスがあります。

DSCN3072_convert_20140511154824.jpg


お土産や店内を見て席に戻ると、すぐにドリンクが運ばれてきました。
時間を見ると、オーダーしてから15分足らず・・・
1時間程待つとの事だったのに、先にドリンクだけ運ばれても、料理が届く頃に飲み干してしまいそう・・・

・・・と困惑していたら、すぐに残りのオーダー品が到着しました。
思いの外早く到着し、結局20分も経たずに、頂く事が出来ました♪

私がオーダしたスノーバーガー(550円)は、ワンプレートにバーガー、ポテトとオニオンリングが盛られています。

DSCN3073_convert_20140511154844.jpg

バーガーから溢れているソースは、ラキポテにかかっているソース(デミソース、ホワイトソース、チーズ)と同じ様です。

バンズは白ゴマがたっぷりで、とてもフワフワしています。
チャイニーズチキンバーガーのように、バーガー袋に入っていないので、ナイフとフォークで頂きました。

ポテトは塩気が少なく薄味なので、バーガーから溢れているソースを付けて食べると丁度良いです。

夫はチャイニーズチキン焼きそば(500円)です。

DSCN3076_convert_20140511154903.jpg

唐揚げは4個入っています。

奥にはお好み焼き、焼きそばのお店、幸福堂がありました。

DSCN3081_convert_20140511154953.jpg

テーブルには、鉄板が見えます。
焼きそばは、こちらのお店で作っているのかしら?

ちょっとしたお土産に、いくつか購入しました。

ラッキーピエロのポテトチップス。

DSCN3082_convert_20140511155016.jpg

ラッキーピエロのラーメン 醤油(左)と塩(右)

DSCN3084_convert_20140511155039.jpg

頂いた小分け袋です。

DSCN3087_convert_20140511155101.jpg

函館方面に行く時に、是非また訪れたいです。

ラッキーピエロ 峠下総本店ハンバーガー / 仁山駅渡島大野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

theme : 北海道
genre : 地域情報

函館リッチホテル 五稜郭の朝食バイキング

函館での宿泊は、五稜郭公園から徒歩数分のリッチホテルに宿泊しました。

DSCN3004_convert_20140511153717.jpg

チェックインは13時、チェックアウトは12時です。

駐車料金は1泊500円です。
チェックイン後はホテルの駐車場に停めたまま、五稜郭公園やラッキーピエロ 五稜郭公園前店に行けるので、とても便利でした。

客室は綺麗で寛げました。

朝食付きのプランを利用しました。
1階のフロント横に、こんじんまりとしたレストランがあります。

GW中とあって、朝食時レストランは混雑していましたが、ちょうど1席空いていて、4名座れるテーブル席に案内されました。
場合によっては、相席になるとの事でした。

バイキングで、全体的に種類は多くはありませんが十分です。

がごめ昆布の炊き込みご飯がありました。

DSCN3040_convert_20140511153809.jpg

帆立も入っていました。
薄味でしたが、濃い味のおかずと一緒に頂くにはちょうど良かったです。

パンも数種類ありましたが、ごはんが食べたかったので、和のおかずを取りました。

DSCN3039_convert_20140511153750.jpg

がごめ昆布の炊き込みご飯、お味噌汁、たらこ、イカ刺し
鯖の塩焼き、焼き鮭、イカのマリネ、きんぴらごぼう、牛肉の煮物(しぐれ煮?)

たらこは皮が取り除かれ、ほぐされた状態で、小皿に盛られていました。
鯖はイマイチでしたが、焼き鮭とお惣菜の味付けが美味しかったです。

サラダと舞茸のベーコン巻き、フルーツ。

DSCN3041_convert_20140511153832.jpg

コーヒーは、客室に持ち帰って飲めるようにと、紙コップも置かれていました。

まだ種類はありましたが、これでお腹が一杯。
席を待っている人がいたようなので、早々に部屋に戻りました。

五稜郭公園付近を観光する時に、是非また利用したいです。

函館リッチホテル 五稜郭旅館・オーベルジュ(その他) / 五稜郭公園前駅杉並町駅中央病院前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


theme : 北海道
genre : 地域情報

全国ご当地ハンバーガーNo.1★ラッキーピエロ

ラッキーピエロ 五稜郭公園店です。

DSCN3043_convert_20140511153034.jpg

ラッキーピエロは、函館の手作りご当地ハンバーガーショップです。
全国ご当地ハンバーガーNo.1になった事もあるようです。

函館に訪れたら毎回立ち寄り、「チャイニーズチキンバーガー」を食べるのが我が家の定番になっています。

今回は、五稜郭公園の夜桜見物の後に訪れました。
(冒頭のお店の写真は、翌朝撮影しました。)

五稜郭公園の桜が満開のGW中とあって、店内は混雑していました。

先にオーダーをして、席が空き次第ご案内して頂く事に。
それ程待たずに席に付く事が出来ました。

作り置きはせず、オーダーが入ってから作るので、席に着いて少し待ちます。
混雑していましたが、意外と早く到着しました。

ダントツ人気ナンバー1セット(650円)です。

DSCN3029_convert_20140511152737.jpg

以下がセットになっています。

★ハンバーガー ダントツ人気No.1  チャイニーズチキンハンバーガー(350円) 
★サイドオーダー ダントツ人気No.1 ラキポテ(300円)
★ソフトドリンク ダントツ人気No.1 自家製新鮮 本物ウーロン茶

本物ウーロン茶の単品価格は失念しましたが、チャイニーズチキンバーガーとラキポテだけで650円なので、この組合わせが食べたい方は、お得なセットです。

4年前に訪れた時は、確かチャイニーズチキンバーガーのセットメニューが無かったので、このナンバー1セットメニューの登場は嬉しいです♪

久々のチャイニーズチキンバーガーです♪

DSCN3031_convert_20140511152910.jpg

レタスがたっぷり入っていました。

レタスは4月下旬から5月中旬は、近隣の北斗市産の朝もぎレタスなのだとか。
シャキシャキとして美味しかったです。

レタスを数枚食べても、まだ入っています。

DSCN3033_convert_20140511152931.jpg

チャイニーズチキン(唐揚げ)は4個入っています。

中華味のソースにからめられた伊達産の鶏の唐揚げです。
中華味と言っても、四川料理のような辛さは無く、甘じょっぱいテイストです。

白ゴマたっぷりのバンズはフワフワ。
食物繊維や鉄分などが豊富な「キヌア」が入っているのだとか。
焼き立てを使用出来るように心がけているそうで、フワフワ感も納得です。

ラキポテは、デミソース、ホワイトソース、チーズが合わさった感じです。

DSCN3034_convert_20140511152959.jpg

ポテト自体に塩分は無く、ソースを付けて味わうスタイルです。

ウーロン茶も風味があって、とても美味しかったです。

ふと、お隣のテーブルに運ばれたオムライスが目に入り、ボリュームに驚きました。

ケチャップライスが330gで、卵は4個使用しているのだとか。
女性用にケチャップライス200gもあるようです。
こちらは一部店舗限定メニューのようです。

2人席は、席と席の間隔が狭いので、こうしてお隣のメニューが丸見えだったり、話している事が丸聞こえだったりします。

狭いので、五稜郭タワーでお土産を購入してから立ち寄ると、置き場が無くて困りそうなのでご注意を☆

チャイニーズチキンバーガー、今回も美味しく頂きました♪

一部店舗限定メニューの土方歳三ホタテバーガー(380円)も気になりました。
次回訪れた時に食べてみたいですが、久々に訪れると、やはりまたチャイニーズチキンバーガーをオーダーしてしまいそうです。

ラッキーピエロ 五稜郭公園前店ハンバーガー / 五稜郭公園前駅杉並町駅中央病院前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



宿泊したホテルです。

五稜郭公園、ラッキーピエロへ、徒歩で数分で便利でした♪

theme : 北海道
genre : 地域情報

五稜郭公園の桜

GWに訪れた函館。
五稜郭公園の桜が満開でした。

DSCN3056_convert_20140511162427.jpg

五稜郭タワーをバックに撮影しました。

DSCN3052_convert_20140511162341.jpg

一見晴れていますが、この日は風が強く、この後通り雨が振りました。

DSCN3054_convert_20140511162403.jpg

センターの売店付近には、綺麗な枝垂れ桜が咲いていました。

DSCN3047_convert_20140511162300.jpg

瓦屋根と桜、情緒があります。

DSCN3062_convert_20140511162450.jpg

こちらは徳川幕府の命を受け、国内初の西洋式城郭である五稜郭を設計した、蘭学者 武田斐三郎氏の顕彰碑です。

DSCN3065_convert_20140511162510.jpg

居合わせた人々によると、顔を撫でると頭が良くなると言われているようで、皆さん撫でていました。
(なので顔がピカピカ☆です。)

五稜郭タワーから眺めた星形の五稜郭です。

DSCN3006_convert_20140511162145.jpg

以前訪れた時は冬で、夜はライトアップされていました。

以前の記事はこちらへ
函館市 五稜郭タワー

前日の夜桜は、残念ながら雨でした。

DSCN3014_convert_20140511162104.jpg

五稜郭の近くにあった、最上寺(さいじょうじ)の夜桜です。

DSCN3026_convert_20140511162225.jpg

桜吹雪になっていて、とても風情がありました。


今回宿泊したホテルです。

五稜郭公園が徒歩数分で、とても便利でした。

市電「五稜郭公園前」電停に近いホテルはこちらです。

theme : 北海道
genre : 地域情報

ハルジョオン・ヒメジョオン LEAVES函館店

以前から訪れたいと思っていたカフェ、ハルジョオン・ヒメジョオン LEAVES函館店です。

DSCN2984_convert_20140511144754.jpg

函館は4年ぶりに訪れました。
以前は残念ながら定休日だったので、今回はリベンジです。

明治45年に建てられた、古い2階建ての土蔵を改築した建物なのだとか。

DSCN2986_convert_20140511144825.jpg

GW中のランチタイムでしたが、タイミングが良かったようで、待たずに入店する事が出来ました♪

DSCN2989_convert_20140511144857.jpg

店内は温かい雰囲気です。

DSCN2990_convert_20140511144917.jpg

DSCN2991_convert_20140511144954.jpg

フードメニューは、思っていたよりも充実していました。

ごはんメニューは26種類あり、カレーやオムライス、炒めごはんなど、それぞれ数種類(980〜1080円)あります。
お子様には、マイナス300円でハーフサイズになるようです。

カフェ風うどんは3種類で980円
夏季限定で、冷やし胡麻味噌うどんがありました。

パスタは、豆乳ソース、トマトソース、醤油ソース、カレークリームなど、16種類(980〜1150円)あります。
期間限定で、松前漬と長ネギのスパゲティもありました。

色々あるので悩みましたが、私は豚肉ときのこの柚子味噌ごはん(1030円)にしました。

DSCN2993_convert_20140511145020.jpg

柚子味噌の風味が美味しい♪

松の実がトッピングされています。

DSCN2997_convert_20140511145123.jpg

サラダのドレッシングは、唐辛子が入っていて、ややピリ辛でした。
ごはんの下にバナナの葉が敷かれていて、お洒落です♪

夫はベーコンと青じその醤油ソース(930円)をオーダーしました。

DSCN2995_convert_20140511145048.jpg

女性店員さんは皆さん綺麗な方ばかり。
笑顔で対応して頂き、とても心地よく過ごせました♪

お店の左側に駐車場もあるので、車で行けるのが便利です。
是非、また訪れたいカフェです。

ハルジョオン・ヒメジョオン LEAVES函館店カフェ / 魚市場通駅市役所前駅(函館)十字街駅

昼総合点★★★★ 4.0


theme : 北海道
genre : 地域情報

函館朝市で朝食★朝市食堂 二番館

JR江差線が通る、ある町の宿で素泊まりした私達。
色々と快適では無かったので、早々にチェックアウトしました。

夫の提案で、朝食は函館の朝市で摂る事にしました♪
朝市の駐車場に着くと、GW中とあって、駐車場待ちでした。

30分程待ち、ようやく駐車場に停める事が出来ました。
向かうは、朝市食堂 二番館です。
ガイドブックに載っていたお店で、500円で五目丼が食べられます。

お店に着くと席待ちの人々で混雑していましたが、席に案内されたのは意外と早かったです。

しかし入り口のドアに、オーダーしてから30分程度かかると張り紙があった通り、料理の到着は40分程度かかりました。

待ちに待った五目丼です♪
(味噌汁、漬物付き)

DSCN2972_convert_20140511150723.jpg

一人前としてはやや少なめですが、500円なので十分です。

イクラ、エビ、カニ、サーモン、鮭ほぐし身、タマゴ、トビッコ、ホタテ、マグロが入っています。
ネタはどれも美味しかったですが、エビ、サーモン、ホタテが特に美味しかったです。

500円丼は、他にイクラ丼、カニ丼、イカ刺し丼、鮭親子丼、ジンギスカン丼、イカ三升漬丼などがありました。

もちろん500円丼以外の海鮮丼もあります。
780〜2000円代と種類も値段も様々です。
ウニ丼は時価でした。

他にも色々あります。

500円丼 + 焼き物(ほっけ、ハラス、宗八のいづれか)で、1180円。

海産物が苦手な方でも食べられる定食もあります。

★目玉焼き定食、玉子焼き定食、焼肉定食、ジンギスカン定食、ミックスフライ定食が500〜700円
★ほっけ定食、宗八定食、ハラス定食が980円
★ギンダラ定食、1080円
★紅鮭定食、830円
★イカ焼き定食780円
★イカ刺し定食880円
★刺身定食980円

などなど。

お子様セットは500円です。
ミニハンバーグ、オムレツ、味噌汁、海鮮丼(いくら、親子、鮭、かにからチョイス)がセットになっています。

海産物が苦手な夫は、生姜焼き定食(650円)をオーダーしました。

DSCN2974_convert_20140511150800.jpg

夫が食べないホタテの煮物を貰いました。

DSCN2975_convert_20140511150822.jpg

甘辛い味付けで、とても美味しいです♪
この味付けを、自宅で再現したいです。

海産物が苦手な夫との旅では、朝市は縁が無い物と思っていましたが、こちらのお店は海産物が苦手な人が一緒でも楽しめるメニューがあるのが魅力です。

2000円程度する海鮮丼を一人で食べるのは気が引けますが、五目丼はワンコインなので、そのような気兼ねをする事無く頂けるのも嬉しいです♪

お手頃価格の海鮮丼を満喫し、朝市を散策すると・・・
あちらこちらのお店で、量りに乗せられたカニの姿が見られました。

DSCN2976_convert_20140511150849.jpg

ホテルの朝食付きプランを利用するのも良いけれど、朝市で朝食を摂るのも楽しいですね♪


朝市食堂二番館丼もの(その他) / 函館駅函館駅前駅市役所前駅(函館)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


theme : 北海道
genre : 地域情報

さよなら江差線★渡島鶴岡駅

JR北海道 渡島鶴岡駅です。

DSCN2953_convert_20140511163646.jpg

前日に禅燈寺の境内を通過する列車を撮影しましたが、駅も立ち寄ろうと翌朝訪れました。

待合室内に掲示されている時刻表です。

DSCN2957_convert_20140511163802.jpg

列車が到着するまで時間があったので、ホームには誰もいませんでした。

DSCN2956_convert_20140511163732.jpg

廃線後は、バスによる代替運行がされるようです。

DSCN2954_convert_20140511163707.jpg

ラストランの11日、テレビのニュースを見ていると、列車は廃線を惜しむ人々で混雑していたようです。

「いつもこれ位だったら廃線にならなかったのに・・・」と話す地元の方の言葉が印象的でした。


theme : 北海道
genre : 地域情報

函館公園隣の夜桜&喫茶 想苑

函館公園の夜桜です。

DSCN2951_convert_20140511164844.jpg

屋台もあり、お祭り気分が味わえました♪
屋台で焼きそばを購入し、公園内を散策しました。

園内には、鹿などがいるミニ動物園スペースの他、「こどものくに」というレトロな遊園地スペースもあり、お子様連れにもお勧めです。

歴史的建造物や、北海道では珍しい竹林のスペースもありました。

写真ではわかりにくいですが、噴水もあります。

DSCN2930_convert_20140511164817.jpg

桜のライトアップは19時からです。

到着したのは、まだ明るい夕方でした。
散策後も夜桜まで時間があったので、公園の隣にあった喫茶 想苑に立ち寄りました。

DSCN2904_convert_20140511151636.jpg

入って右側がジャズを楽しめるスペースで、左側は一般的な喫茶スペースのようです。

私達は左側の席に着きました。

DSCN2910_convert_20140511151723.jpg

長時間外にいて寒かったので、暖房が入った店内がとても温かく助かりました。

DSCN2906_convert_20140511151701.jpg

メニューを見ると、ドリンクの他、お食事メニュー(ミートソーススパゲッティ、ピラフ、ドライカレーなど)がありました。

夜桜見物後、JR江差線がある宿泊先にチェックインする都合上、ゆっくり夕食を摂る時間が無かったので、こちらで夕食を摂る事にしました。

私はミートソーススパゲッティをオーダーしました。
セットのサラダはキウイとカブが入っていて、とても美味しかったです。

DSCN2912_convert_20140511151748.jpg

ミートソースは甘めの味付けです。

DSCN2916_convert_20140511151921.jpg

予想外の味で塩分を追加したい所でしたが、パルメザンチーズが無かったので、そのまま頂きました。
スパゲッティは細めで、柔らか目でした。

夫はドライカレーをオーダー。

DSCN2914_convert_20140511151818.jpg

ドライカレーの上にきんぴらごぼうが乗っています。
一口貰うと、こちらの方が私好みで美味しく頂きました♪

セットのレモンティーです。

DSCN2917_convert_20140511151950.jpg

窓からは函館公園の桜が見えます。
懐かしい雰囲気が漂う喫茶で、ゆったりとした一時を過ごす事が出来ました。


喫茶 想苑喫茶店 / 青柳町駅谷地頭駅宝来町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0




theme : 北海道
genre : 地域情報

サラキ岬の咸臨丸モニュメント

木古内町のサラキ岬に佇む、咸臨丸モニュメントです。

DSCN2888_convert_20140511164336.jpg

咸臨丸とは!?
木古内町のホームページによると・・・・

咸臨丸は、1857(安政4年)にオランダで産声をあげ、幕府海軍創成期の主力艦として配備されたのだとか。

1860(安政7年)には、木村摂津守喜毅、勝海舟、福沢諭吉、ジョン万次郎など百余名を乗せ、日米修好通商条約批准書交換目的で渡米する幕府遣米使節護衛目的の随伴艦として、幕末の動乱期に日本近代化の歴史的象徴として活躍したそうです。

後に軍艦から北海道への物資運搬船となったようです。

戊辰戦争で敗れ、北海道移住を余儀なくされた仙台藩片倉小十郎家臣団401名を乗せ、仙台を出港した咸臨丸は、箱館経由で小樽に向かう途中、1871(明治4年)木古内町のサラキ岬沖で座礁し、現在もここに眠っているのだとか。

DSCN2891_convert_20140511164400.jpg

モニュメントなので、小型に作られていますが、このような帆船が太平洋を渡航していたのですね。

DSCN2886_convert_20140511164312.jpg

丁度チューリップが咲いていました♪


theme : 北海道
genre : 地域情報

さよなら江差線★禅燈寺と列車

5月11日、JR江差線は惜しくも廃線となります。

お寺の境内に線路があり、そこを列車が通過する、珍しい場所があります。
江差線が廃線になると、その光景も見られなくなる・・・という事で、GWに訪れました。

木古内町、渡島鶴岡駅近くにある禅燈寺です。

DSCN2865_convert_20140511142215.jpg

姉妹都市である山形県鶴岡市の禅宝寺の末寺として、明治35年に本堂が建立されたそうです。
山門には北海道では数少ないという、仁王像(左に密迹金剛・右に那延金剛)が納められています。

山門の奥に線路と本堂があります。

DSCN2874_convert_20140511142336.jpg

山門の天井には竜が描かれていました。

DSCN2867_convert_20140511142609.jpg

踏切は、ありません。

DSCN2876_convert_20140511142431.jpg

線路を横切ると、素晴らしい景色が広がっています。

DSCN2880_convert_20140511142516.jpg

到着した時は私達だけでしたが、列車が通過する時間が近づくと、数組の人が集まって来ました。
皆さん、カメラを手にして山門前に立ち、列車を待ちます。

ところが、予定の時間になっても列車が通過せず・・・
お隣の方によると、江差線の廃線を惜しむ人々が多数乗車しているので、遅れているのだとか。

数分遅れで列車が通過しました。

DSCN2881_convert_20140511142651.jpg

山門の間から、列車が通過するのを見守ります。

DSCN2882_convert_20140511142714.jpg

数10分待ち、今度は逆方向からの列車です。

DSCN2883_convert_20140511142737.jpg

江差線が廃線となり、この光景が見られなくなるのは残念です。

列車通過後、山門前の人々は立ち去り、再び私達だけになりました。

DSCN2885_convert_20140511142800.jpg


theme : 北海道
genre : 地域情報

北海道小麦使用のパン屋さん★Pasco 夢パン工房

全ての商品に北海道産小麦を使用しているパン屋さん、Pasco 夢パン工房です。

DSCN2839_convert_20140502153212.jpg

以前はひげのパン屋さんというお店で気になっていましたが、辛い好きもぐたん様のレビューで、Pasco 夢パン工房に変わったと知り、是非訪れたいと思っていました。

「Pasco 超熟」の食パンで、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

北海道が推進する、麦チェン(道内で加工・消費される小麦を、輸入小麦から道産小麦に転換する事業)サポーターのお店です。

DSCN2833_convert_20140502153235.jpg

駐車場は広々としていますが、祝日だったこの日は、8割程度車が停まっていました。
夕方に訪れたので、あまりパンが無いのでは・・・と恐る恐る入店しました。
売り切れのパンもありましたが、思いの外、種類がありました。

悩みつつ5点購入しました。

レジ横には、無料のコーヒーが用意されています。
別棟にあるイートインコーナーで、パンと一緒に頂く事にしました。

★クロワッサン(160円)

DSCN2837_convert_20140502153257.jpg

皮はサクッと中はもっちりとして、美味しいです。

★メロンパン(100円)

夫によると、甘過ぎず美味しかったようです。

イートインコーナーには、カウンター席、テーブル席、ソファー席がありました。
入り口横に自動販売機があります。

Wi-Fiも対応しているようです。
席は6割ほど埋まっていました。

★パン・オ・ショコラ(150円)

DSCN2845_convert_20140502153352.jpg

★ビターチョコ(290円)

DSCN2844_convert_20140502153335.jpg

★ブリオッシュ シュクレ(140円)

DSCN2841_convert_20140502153318.jpg

クロワッサンとパン・オ・ショコラは、それぞれ紙袋に入っていました。

今回購入した商品は、北海道産の小麦粉らしいシンプルな味わいでした。

自宅で使用する薄力粉、強力粉は北海道産を使用している私にとって、北海道産の小麦粉を使用したパン屋さんは、とても貴重な存在です。

次回は早い時間に訪れて、他のパンも購入してみたいです♪

Pasco夢パン工房パン / 稲穂駅手稲駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

宝永4年から続く伝統のお菓子 赤福

伊勢名物 赤福です。

DSCN2852_convert_20140502153542.jpg

いつか食べてみたいと思っていたところ、先日お土産に頂きました。

お店のホームページによると・・・

赤福餅の誕生は、今からおよそ300年前の宝永4年(1707年)なのだとか。

赤福餅は、お餅の上にこし餡をのせた餅菓子で、形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しているそうです。

「赤心慶福(せきしんけいふく)」の言葉から二文字いただき、「赤福」と名付けたと言い伝えられているようです。

蓋を開けると・・・

DSCN2854_convert_20140502153600.jpg

とても綺麗に並んでいます♪

取り易いように、木ベラも入っています。

DSCN2855_convert_20140502153619.jpg

さっぱりとした甘味のこしあんで、素材の味わいを損なわない、とても上品な味わいです。

去年、富良野・美瑛に行った時に、偶然にも赤福の契約栽培農協の看板を発見☆

DSCN0728_convert_20140502153950.jpg

あの赤福に、北海道の小豆が使用されているのだと知り、思わず撮影しました。

赤福餅の餡(あん)は、全て北海道産(十勝、上川地方)の小豆を使用しているのだとか。
お餅は、全て国産のもち米で、現在は北海道名寄産を中心に、一部熊本県八代産も使用しているそうです。

確かに名寄産のお餅のような、もっちりとした食感でした。

厳選された素材で作られているからこそ、美味しい赤福餅なのだと実感しました。

翌日以降は冷蔵庫に入れていたので、お餅が少し固くなってしまいましたが、最後まで美味しく頂きました。
機会があれば、是非また食べてみたいです。

赤福 本店甘味処 / 五十鈴川駅

昼総合点★★★★ 4.0

theme : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter