12
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
   

串鳥 手稲駅前店

大掃除と除雪に追われた年の瀬、串鳥 手稲駅前店に訪れました。

2013年7月に現在の場所に移転してから、初めて訪れました。
手稲南口から移転前のお店跡地を通り過ぎ、そのまま進むと、つきあたりに新店舗があります。

店内に入ると既に満席でした。
我が家が行く時間帯には、いつも30分程待つので、いつもの事です。

待っている人用のスペースと椅子は、以前と比べるとかなり減りましたが、飲食スペースの座席数が増えた気がします。
奥には座敷もあるようです。

30分程待ち、カウンター席に案内されました。
以前はコートの置き場に困りましたが、新店舗では椅子の下に荷物を置く籠が置かれていて助かりました。

ドリンクをオーダーし、焼き物のメニューを見ますが、結局いつも同じ物をオーダーする我が家です。
一通りオーダーし、サービス品の大根おろしと鶏スープが運ばれて来ました。

鶏スープは少々濃い目ですが、美味しいです。
大根おろしは、良い口直しになります。

程なく到着したのは・・・
我が家のお気に入りメニュー、黄金鶏の釜めし(580円)です。

DSCN2199_convert_20140103170021.jpg

テーブルに運ばれてすぐに、店員さんが固形燃料に火を付けてくれます。
この状態で、火が消えるまで待ちます。

釜めしは、他に豚角煮の釜めし(580円)もあります。
どちらの釜めしも、炊き上げまで30分程かかるので、早めにオーダーして下さいとの注意書きがあります。

釜めしが炊き上がるのを待っている間に、焼き物が良いペースで到着します。

もちベーコン巻(120円)、三元豚の豚精肉(120円)

DSCN2194+-+コピー_convert_20140103165931

つくね梅しそ(120円)、チーズつくね(120円)、鶏精肉(110円)

DSCN2197_convert_20140103165956.jpg

新店舗になり何かが変わったのか、たまたまなのか、焼き物の提供時間が以前よりも早くなった気がします。
釜めしを食べる為に、セーブしてオーダーしたので、あっという間にオーダーした物が全て揃ってしまいました。

追加オーダーしたい所でしたが、釜めし分、お腹のスペースを空けておかなければ・・・
・・・という事で、追加オーダーせずに、釜めしが炊き上がるのを待ちます。

釜めしは、固形燃料の火が消える頃に薬味、お茶碗としゃもじを持って来てくれます。

DSCN2200_convert_20140103170048.jpg

火が消えたら蓋を開けて頂きます♪

DSCN2201+-+コピー_convert_20140103170122

お茶碗で2杯分位あります。
アルコールを飲まない我が家は、夕食としてたっぷり食べたいので、いつも1人1釜で食べていますが、2人で1釜をシェアしても良いかもしれません。

私流の食べ方は、少しずつお茶碗に盛り・・・
1杯目は、そのまま頂きます。

DSCN2203+-+コピー_convert_20140103170154

2杯目は、漬物とねぎを入れて頂きました。

そして3杯目は、お茶漬けです。

DSCN2204+-+コピー_convert_20140103170737

お茶漬け用の出汁がポットで運ばれて来ます。
醤油出汁で、とても美味しいです。

お米は北海道産のようです。
とても美味しく、580円で大満足の釜めしです。

ソフトドリンク3杯で、2人で3000円弱のお会計でした。
お腹一杯食べても、リーズナブルなのが嬉しいです♪


串鳥 手稲駅前店焼き鳥 / 手稲駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


スポンサーサイト

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

小樽のお蕎麦屋さん  籔半 (やぶはん)

小樽のお蕎麦屋さん、籔半(やぶはん)の外観です。

DSCN2144+-+コピー_convert_20131229181706

行ってみたいと思っていたお蕎麦屋さんの一つで、先日ようやく訪れる事が出来ました。

週末でしたが、少し遅めの昼食として訪れたので、丁度駐車場が空き、待つ事無く入店出来ました。

喫煙しない事を伝えると、手前のテーブル席に案内されました。
4人掛けのテーブル席は横幅が狭く、私達4人が座ると手狭に感じました。
(バッグはテーブルの下に置く棚があります。)

奥は囲炉裏席、座敷となっていて、とても良い雰囲気です。
女将と若女将は着物を着ていて、お店の雰囲気によく合っています。

DSCN2131_convert_20131229181354.jpg

メニューは冊子になっています。
こちらはカレーせいろと合鴨せいろが載っていたページです。

DSCN2129_convert_20131229181311.jpg

お蕎麦と丼物のセットメニューは無く、コース料理以外は単品料理のようでした。
お蕎麦も丼物も食べたい私達は、丼物にも魅かれつつ、何を食べようか悩みました・・・

私と同行者は、合鴨せいろ(地物粉麺)1250円をオーダーしました。

DSCN2132_convert_20131229181426.jpg

蕎麦は北海道の蘭越町産、北竜町産、江丹別産のソバ粉で打った「地物粉麺」と、これに中国・内モンゴル産と道産のソバ粉をブレンドした「並粉麺」の2種類の麺があり、全てのお蕎麦メニューでどちらかを選ぶ事が出来ます。

「地物粉麺」は少々価格が高くなりますが国内産の特徴である、コシ、喉越し、風味に優れているそうです。
「並粉麺」は先代創業から50有余年、お店の原点の麺なのだとか。
 
合鴨せいろのつけ汁は、合鴨ロース肉、長葱、三つ葉、生麩、柚子が入っています。
生麩と柚子で、見た目も鮮やかでとても綺麗です。
私は殆ど合鴨を食べた事が無いのですが、イメージしていたより歯ごたえがありました。

普段合鴨せいろを食べる事が多い同行者は、合鴨が美味しいと言っていました。

後に蕎麦湯と蕎麦湯を飲む専用の器が運ばれます。
つけ汁が入った緑色の器には注ぎ口があり、蕎麦湯を飲む器に、つけ汁が注ぎ易いのが良かったです。

夫はそば・カレーせいろ(地物粉麺)1050円をオーダーしました。

DSCN2137_convert_20131229181506.jpg

カレーがとても美味しいと絶賛していました。
蕎麦を食べ終えても、カレーが残っていたので、是非カレーライスとして食べたい・・・
との事で、ライスをオーダーしていました。

ライスは蓋付きの器で運ばれて来ました。
お漬物と蕎麦茶付きでした。

お蕎麦が苦手な同行者は、釜揚げうどん 700円 です。

DSCN2138_convert_20131229181557.jpg

コシがあり、とても美味しいうどんだったようです。

帳場前には、蕎麦菓子や蕎麦茶などのテイクアウトの商品が販売されています。

DSCN2141_convert_20131229181626.jpg

同行者が、蕎麦茶(900円)を購入してくれました♪

看板も素敵です。

DSCN2145_convert_20131229181745.jpg

小樽でお蕎麦が食べたくなったら、また訪れたいです。

DSCN2146_convert_20131229181811.jpg

蕎麦屋 籔半そば(蕎麦) / 小樽駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

theme : 北海道
genre : 地域情報

アートアクアリウム展 ~札幌・金魚の灯~

今年の夏に、東京で開催されていたアートアクアリウム。
行ってみたいと思いつつ断念したのですが、札幌でも開催されると知り、早速行って来ました。

作品の詳細はこちらへ
アートアクアリウム 作品紹介

札幌会場の詳細はこちらへ
アートアクアリウム展 ~札幌・金魚の灯~

<花魁 OIRAN> 巨大金魚鉢 です。

DSCN2028_convert_20131223153228.jpg

一番見たいと思っていた作品です。

七色に変化します。

DSCN2024+-+コピー_convert_20131223153356


〈ビョウブリウム BYOBURIUM〉屏風水槽 です。

DSCN2003_convert_20131223153612.jpg

こちらも気になっていた作品です。

ベンチに座って、屏風の変化を楽しむ事が出来ます。

DSCN2005_convert_20131223153656.jpg

風情のある音楽が流れていましたが、他のコーナーの賑やかな音響も聞こえて来たのが少々残念でした。


〈ボンボリウム BONBORIUM〉雪洞 です。

DSCN2071+-+コピー_convert_20131223153514

雪洞の中に、金魚が泳いでいます。


〈金魚 KINGYO〉江戸×ヴェネツィア です。

DSCN2032_convert_20131223153829.jpg

昔飼っていた、黒出目金を思い出しました・・・

DSCN2075_convert_20131223154005.jpg


〈ゼンアクアリウム ZEN AQUARIUM〉日本画水槽 です。

DSCN1991_convert_20131223153734.jpg


他にも〈カレイドリウム KALEIDORIUM〉万華鏡 や 〈プリズリウム PRISRIUM No.12 & 18〉三稜鏡水槽 などの作品がありました。

会場内は、フラッシュ撮影と動画撮影は禁止されていますが、三脚などを使用しない写真撮影は可能です。

ただ会場は暗いので、動く金魚を撮影するのは至難の業です。
金魚の撮影を何度か試みましたが、ブレてる写真しか撮影出来ないので諦めました^_^;

平日の午後に訪れたのですが、冬休み前にも関わらず、多くの人で賑わっていました。
カメラマンの邪魔にならないように気を付けつつ、じっくりと観賞しましたが、1時間程で見る事が出来ました。

18時以降は、会場でドリンクの販売がされているようです。
メニューを見ると、「らんちゅう」「モヒート さくら錦」など、金魚の名前が付いたカクテルもあるようです。


アクアリウム展を観賞した後は、サッポロファクトリーアトリウムのジャンボクリスマスツリーも見て来ました。

DSCN2097+-+コピー_convert_20131223162244

アートアクアリウム展~札幌・金魚の灯~のチケットを提示すると、サッポロファクトリー内の対象店舗で、お食事の割引や各種サービスがありました(^^♪

例年以上にバタバタとした師走ですが、久々に満喫出来た一日でした♪

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

ロイズ 屯田公園店 オープン

11月16日に、ロイズの屯田公園店がオープンしました。
建設前からロイズの看板があり、いつ出来るのかと、通る度に完成を心待ちにしていました。

オープン当日、ちょうどこちらの方面に行く機会があったので、混雑しているのを覚悟で訪れました。

駐車場は広めですが、オープン初日という事もあって、ほぼ満車状態でした。
しかし回転は早く、すんなりと駐車する事が出来ました。

こちらのお店は、東苗穂店、あいの里公園店と同様にパンが販売されています。
まずは、お目当てのパンコーナーに向かいました。

次々と焼き上がっているようでしたが、来店客も多いので、人気のパンはあっという間に無くなっていたようです。
悩んでいるうちに、気になったパンが無くなってしまいそうだったので、手早く選んでレジに並びました。

レジ前は、お会計待ちの列となっていましたが、オープン初日にも関わらず、スタッフの手際が良く、それ程時間がかからずにお会計を済ます事が出来ました。

前置きが長くなりましたが・・・購入したパンです。

スパイシーチキンドッグ(270円)

DSCN1888_convert_20131206105900.jpg

帰宅後、一人ランチに頂きました♪

そのままだと、パンが硬く感じたので、レンジで30秒程温めると、とてもふわふわなパンになりました。
商品名の通り、スパイシーなチキンで大人の味です。


チーズダッチ(130円)&トマトベーコンカルツォーネ(198円)

DSCN1892_convert_20131206105930.jpg


生チョコクロワッサンダージリン(179円)&柚子チーズ(チョコ?正式名称失念)デニッシュ(150円)

DSCN1894_convert_20131206110001.jpg

生チョコクロワッサンダージリンは、甘党の夫用に購入しました。
ほんのりダージリンの味がするそうです。
今回私は食べませんでしたが、次回は是非食べてみたいです。

柚子チーズデニッシュは、柚子好きな私に嬉しいフレーバーでした♪


チーズクロワッサン(138円)&チーズボール(80円)

DSCN1897_convert_20131206110031.jpg

チーズ好きな私のチョイスなので、殆どチーズ系のパンですが、どのパンも美味しく頂きました♪
リーズナブルなのも嬉しいです。

パンを販売しているロイズの中で、こちらのお店は我が家にとって、比較的利用し易い場所にあるので、いつか全種類パンを制覇していと思います(^^♪

チョコレートやクッキーなどは、クリスマス限定の詰め合わせの商品も販売されていました。
この時期のプレゼントにもピッタリですね♪

ソフトクリームも販売されているようなので、夫と一緒に訪れた時に食べてみたいです。


ロイズの商品で私が好きなのは、こちらのフルーツバーチョコレートです♪



このシリーズも好きです♪



ロイズ 屯田公園店チョコレート / 太平駅百合が原駅篠路駅

昼総合点★★★★ 4.0

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter