11
1
2
5
6
7
8
9
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
27
28
30
   

プランテーションでカフェ

プティ・フールを後にし、今度は菊水のプランテーションへ訪れました。

DSCN1693_convert_20131129144256.jpg

プランテーションは森彦を本店とするカフェで、以前から訪れてみたいと思っていました。

エントランスには、車がディスプレイされています。

駐車場は、お店の横の道を入った所にありました。
駐車場側から見た、プランテーションです。

DSCN1691_convert_20131129144213.jpg

2階が客席です。

DSCN1696_convert_20131129144342.jpg

写真では明るく写っていますが、照明を落とした落ち着いた雰囲気でした。
客席は禁煙のようで、奥の方に小さな喫煙ルームがありました。

さんざん悩みつつ、パフェ・ド・プランテーション(750円)をオーダーする事に・・・
私は「キャラメルとバナナのパフェ仕立て」を選びました。

DSCN1704_convert_20131129144727.jpg

友人は「チョコレートアイスとブラウニーのパフェ仕立て」です。

DSCN1703_convert_20131129144645.jpg

ボリュームがあり、大満足のパフェでした♪

ドリンクは、マリーオレンジ(650円)をオーダーしました。

DSCN1700_convert_20131129144444.jpg

オレンジにブレンドされたハーブの風味が程良く、甘味のあるパフェとの相性も良かったです。

ドリンクのグラスは、bodumのパヴィーナ ダブルウォールグラスでした。
(こちらの写真は、友人がオーダーしたドリンクです。)

DSCN1699_convert_20131129144417.jpg

二重構造のガラスになっているので、温かい飲み物を入れても熱さが手に伝わりにくく、冷たい飲み物を入れても側面に水滴が付きにくいグラスです。


ホットドリンクでしたが、グラスを手に取っても熱さを感じないので、不思議な感覚に陥りました。

素敵なカフェで、あっという間のひと時を過ごしました。
帰宅する前に上がった3階です。

DSCN1707_convert_20131129144758.jpg

ギャラリーになっていて、作品が展示されていました。

私達はカフェでの利用でしたが、周囲の殆どはランチでの利用のようでした。
次回はランチメニューも味わってみたいです。

プランテーションカフェ / 菊水駅苗穂駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

プティ・フールのパン

ピッツェリア・ダ・マッシモを後にし、訪れたのは白石区のパン屋さん、プティ・フールです。

DSCN1689_convert_20131126150958.jpg

次々と来店客がありましたが、駐車場、店内が広く、混雑する事無く入店出来ました。

食パンが評判のお店のようです。
店内の陳列棚に食パンが無かったので、探し回りましたが、どうやらレジで店員さんに言うと、レジ奥の棚から持ってくれるようです。

私は結局、食パン意外のパンを購入しました(^^ゞ
ガーリックフランス(左)126円、シナモンロール(中央)110円、コーヒーデニッシュ(右)105円です。

DSCN1713_convert_20131126151147.jpg

シナモンロールとコーヒーデニッシュは、夫によると、甘過ぎずに美味しく食べられたようです。
ガーリックフランスは、ソフトなパン生地で、食べ易かったです。

こちらはチーズパン126円です。

DSCN1710_convert_20131126151122.jpg

こちらはミニクロワッサン(300g)378円です。

DSCN1709_convert_20131126151034.jpg

個別販売もしていたと思います。
まとめて購入したかったので、300g入りの商品を購入しました。

ミニなので、並べるとこのような感じです。

DSCN1714_convert_20131126151217.jpg

一般的なパン屋さんのクロワッサンより、バターが少ないのでしょうか?
油分は少な目ですが、甘味を感じます。
オイリーだとカロリーが気になる所ですが、ライトな感じがするので、ついパクパクと食べてしまいます。

友人と共に目が釘付けになった、白ロールケーキ250円です。

DSCN1716_convert_20131126151244.jpg

お手軽なロールケーキですが、柔らかい食感で美味しく頂きました♪

DSCN1719_convert_20131126151314.jpg

今回購入した商品は、お手頃価格で食べ易い食感とお味でした。
もし近場にあれば、普段使いに利用したいと思うパン屋さんです。


プティ・フールパン / 白石駅(札幌市営)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

川下の絶品ピザ★ピッツェリア・ダ・マッシモ

白石区川下のピッツェリア・ダ・マッシモです。

DSCN1681_convert_20131117144900.jpg

リーズナブルに本格ピザを食べられるお店として、評判のこちらのお店。
ようやく訪れる事が出来ました♪

平日のオープン直後だったので、待つ事無く入店出来ました。

ピザはマルゲリータとマリナーラの2種類です。
私達はマルゲリータ(900円)を1枚ずつと、ジンジャーエールをオーダーしました。

最初に、ジンジャーエールが運ばれました。

DSCN1685_convert_20131117144950.jpg

カウンター席からは、ピザを焼く工程が見られました。

ケースから取り出されたピザ生地は、あっという間に薄く延ばされ、トッピング後にピザ窯に入ります。
焼き時間は、驚く程あっという間でした。

DSCN1683_convert_20131117144922.jpg

まず1枚のマルゲリータが到着。
友人と2人でシェアして頂きます。

DSCN1688_convert_20131117145021.jpg

一口食べて、ピザ生地とトマトソースの美味しさに感動します。
数日間寝かせるピザ生地は、熟成された美味しさです。
トマトソースは、ピザ生地自体の美味しさを損なわない、塩気が控えめの絶妙な味わいでした。

大きさはありますが、シンプルで食べ易いので、2人であっという間に1枚を食べ終えました。

1枚食べ終える頃に、2枚目のピザが焼かれました。
2枚目も友人とシェアしつつ、美味しく頂きました。

それぞれ1枚分ずつ食べ、もう1枚オーダーしたい気分になりましたが、この後にスイーツを食べる予定があったので我慢しました(^^ゞ

美味しいピザが食べたくなったら、是非また訪れたいです♪


ピッツェリア・ダ・マッシモピザ / 平和駅

昼総合点★★★★ 4.5

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

さっぽろ純連 北31条店

さっぽろ純連 北31条店です。

DSCN1653_convert_20131106152145.jpg

オープンしてから何度かお店の前を通っていましたが、駐車場が満車の様子で、機会を伺っていました。
今回は遅めのランチなので、大丈夫なのでは!?と思い初訪問です。

駐車場は2台分程空きがありましたが、お店に入るとカウンター後ろの待ちスペース(椅子)には、3組程待っている人がいました。

入ってすぐの場所に設置されている券売機で食券を購入し、椅子に座って待ちました。

カウンター席は10席、テーブル席は4人掛け程度の席が1卓でした。
ちなみにカウンター席の椅子は固定されているので、前後左右に移動する事は出来ません。

小さなお子様連れのある夫婦は、パパが抱っこしながらラーメンを食べていました。

回転は早く、程なく席に案内されました。
席を待っていたのにも関わらず、入店してから10分足らずでラーメンが到着しました。

味噌ラーメン(800円)です。

DSCN1655_convert_20131106152222.jpg

麺はプリっと固めで、好みの麺でした♪

DSCN1657_convert_20131106152326.jpg

スープは濃厚です。
油分の効果で、熱々のスープでした。
コクがあって美味しいのですが、猫舌の私にとっては、最後まで熱々なので苦戦しました^_^;

夫はまかない丼(250円)もオーダーしました。

DSCN1656_convert_20131106152300.jpg

具は刻んだメンマとチャーシューです。

店内は今年オープンしたという事もあり、とても綺麗です。
ラーメン丼の内側に「純連」の文字が入っていますが、運ばれて来るラーメンはこの文字が、食べる人の正面に来るように置かれていて、そのような心配りも好感が持てました。

ただ座席数が少ないので、さっぽろラーメンが好きな、札幌市外の身内と一緒に6名程で利用・・・となると、席の大半を占領してしまう事に・・・
団体利用が厳しいのが残念です。


さっぽろ純連 北31条店ラーメン / 北34条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

北海道大学の秋

2回に渡り、北海道大学のイチョウ並木の記事をUPしましたが、今回はキャンパス内を散策して目に留った、北海道大学の秋をご紹介します。

私はツタの紅葉が好きなのですが、中でも今回一目惚れしたツタです。

DSCN1751_convert_20131115142428.jpg

この樹はイチョウの木で、裏側にはイチョウが黄葉していました。

DSCN1752_convert_20131115142458.jpg

鴨がいる池がありました。

DSCN1757_convert_20131115142540.jpg

子供にはカラフルな色合いの雄が人気でした。
確かにこうして見ると、雌はあまり目立たないですね^_^;

ツタコレクションが続きます(^^ゞ

DSCN1760_convert_20131115142621.jpg

ツタの葉も色々です。

DSCN1761_convert_20131115142653.jpg

こちらのツタは、レンガの建物に蔦っていました。

DSCN1768_convert_20131115142754.jpg

この建物、奥の方はこのようになっていました。

DSCN1765_convert_20131115142721.jpg

圧倒される程のツタでした。

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

北大イチョウ並木のライトアップ

前回に引き続き、北海道大学のイチョウ並木のご紹介です。

2日に訪れた時、17時からライトアップされると知り、一度帰宅後、夕方にまた訪れました。

DSCN1815_convert_20131104152023.jpg

このライトアップは、北大有志の学生さん達が開催する「北大金葉祭(こんようさい)」で、企画運営されているそうです。

このお祭りは、去年が第1回だったそうです。
銀杏並木の魅力を引き出し、「より多くの人にもっと北大を好きになってもらいたい」というコンセプトの下に始まったのだとか。

ライトで照らされたイチョウ並木は、とても美しかったです。

DSCN1796_convert_20131104152151.jpg

吸い込まれそうな程の美しさです。

DSCN1802_convert_20131104152239.jpg

夜空に黄色いイチョウの葉は、とてもよく映えます。

DSCN1798_convert_20131104152333.jpg

奥には「銀杏並木Cafe」があり、温かい紅茶やコーヒーなどが販売されていました。

DSCN1818_convert_20131104151842.jpg

北大通り側の「金葉祭屋」では、募金を募っていて、募金をした人に豚汁、じゃがバターが振舞われていました。
紙コップ1杯分の豚汁は、冷えた体を温め、具沢山でとても美味しく頂きました。

今年のライトアップは、11月2日と3日の17時~21時だったようです。
とても素敵なお祭りでした。
学生さん達、寒い中お疲れ様でした。

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

北海道大学のイチョウ並木

北海道大学のイチョウ並木です。

DSCN1725_convert_20131104143406.jpg

生まれも育ちも札幌出身の私ですが、黄葉している時期に訪れるのは初めてです。

朝、一生懸命地面を見ている青年がいると思ったら、銀杏を集めていました。
小さな子供達は落ち葉拾いをしたり、落ち葉を舞い上げて遊んでいたりと、とても愛らしかったです。

DSCN1673_convert_20131104143552.jpg

私達の様に写真を撮っている人も多く、それぞれが思い思いに、イチョウ並木の黄葉を楽しんでいました。

DSCN1730_convert_20131104143452.jpg

この場所は赤い葉も落ちていて、とても綺麗な落ち葉の絨毯になっていました。
歩くとカサカサと音がして、耳でも秋を感じる事が出来ました。

松ぼっくりと落ち葉を拾い集めて、並べてみました。

DSCN1736_convert_20131104143712.jpg

最近、落ち葉を並べるのがマイブームです(*^_^*)

この日はライトアップも予定されていたので、夕方また訪れる事に・・・

DSCN1746_convert_20131104143911.jpg

ライトアップ編は、次回に続きます。

theme : 札幌/北海道の地域ネタ
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter