08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 View Cafe

2017年3月、View Cafeへ訪れました。

DSCN9004_convert_20170429142540.jpg

国道5号線沿いにあります。

以前から気になっていたのですが、行こうと思った日が定休日だったり・・・と、ようやく機会に恵まれました。

★ガトーショコラ プレート(830円)

DSCN9007_convert_20170429142632.jpg


★ベイクドチーズ プレート(830円)

DSCN9005_convert_20170429142607.jpg

紅茶を選びました。

DSCN9008_convert_20170429142700.jpg

こちらはコーヒーです。

DSCN9009_convert_20170429142721.jpg

素敵なカップでした。

1階は、窓側が禁煙席で、その後ろ側が喫煙席のようです。
仕切りが無く、前後に禁煙席と喫煙席があるので、禁煙席に着きましたが、煙やニオイは普通に感じます(^_^;)


時の移ろいを感じのも素敵です。

DSCN9011_convert_20170429142748.jpg

天気の良い日がオススメです。


メニューを見て気になったので、後日、ランチに訪れました。

今度は2階を利用しました。
2階は禁煙席のようです。

カレーも気になりましたが、生姜焼きをオーダーしました。

DSCN9016_convert_20170429142819.jpg

一見、量が少ないかも・・・と思いましたが、食べ終えるとお腹が一杯になりました。

優しい味わいで、一般的な定食屋さんの生姜焼きの味付けとは異なります。
女性好みの味付けに感じました。

ライスには、トウモロコシが入っていました。
湯剥きされたミニトマトには、味が付いています。

お天気は良く無かったですが、せっかくなので撮影しました。

DSCN9024_convert_20170429142856.jpg

海をバックに烏龍茶です。

DSCN9026_convert_20170429143005.jpg

お天気を問わず、駐車場はいつも混んでいるイメージです。
スポンサーサイト

theme : 北海道
genre : 地域情報

小樽 ゆきあかりの路

2017年2月に訪れた、小樽雪あかりの路です。

DSCN8896_convert_20170429141033.jpg

小樽運河の会場です。

DSCN8902_convert_20170429141125.jpg


手宮線会場へ移動しました。
可愛い雪だるまがありました。

DSCN8909_convert_20170429141237.jpg

紅葉のアイスキャンドルです。

DSCN8934_convert_20170429141402.jpg

ライトアップされた建物も素敵です。

DSCN8940_convert_20170429141452.jpg

いろはかるたの作品もありました。

DSCN8942_convert_20170429141554.jpg

キャンドルライトに癒されます。

DSCN8958_convert_20170429141639.jpg

気がつくと、消灯の時間でした。

DSCN8959_convert_20170429141658.jpg

スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

theme : 北海道
genre : 地域情報

可否茶館 南樽市場限定 小樽クラシックブレンド

可否茶館の小樽クラシックブレンドです。

DSCN8780_convert_20170128140442.jpg

購入してから日が経ってから撮影したので、袋がパンパンになってしまいました(^_^;)

可否茶館は、札幌の老舗珈琲チェーンです。
工場は小樽にあるようで、小樽、札幌にお店があります。

こちらは、小樽の南樽市場に訪れた時に、可否茶館のショップを見つけました。
ここでしか購入出来ないアウトレット商品もあるようで、今回購入した小樽クラッシックブレンドも限定販売されていました。

DSCN8783_convert_20170128140504.jpg

美味しく頂きました♪

これまでは、イオンで購入していましたが、限定品を購入しに、また南樽市場へ訪れたいです。

theme : 北海道
genre : 地域情報

らーめん みかん

ステンドグラス美術館を鑑賞後、らーめん みかんに訪れました。

南樽市場の駐車場に車を停めて、南樽市場へ向かう途中にお店があります。

南樽市場は2回訪れた事があり、お隣のお豆腐屋さんを利用した事がありましたが、ラーメン店の記憶は全くありませんでした。

11月のとある平日、お昼時に到着しました。

この日は風が強く、今にも雨が振りそうな中、お店の前には数人並んでいます。
まさか並ぶ事になるとは思いませんでしたが、観光客風の6名グループがお店を出た後は、店内の椅子で待つ事が出来ました。

店内の入口付近には、10名程の待ち席が用意されていました。
外で待つのは寒かったので、店内で待てるだけでも有り難いです。

テーブル席とカウンター席があります。
小上がりは無いですが、お子様用の椅子がありました。

程なく、テーブル席に案内されました。
テーブルには、やかんにお冷が用意されています。

★昔風ラーメン(750円)

DSCN8777_convert_20170128140325.jpg

スープを一口貰うと、優しい味わいです。


★味噌ラーメン(750円)

DSCN8778_convert_20170128140348.jpg

DSCN8779_convert_20170128140415.jpg

擦り下ろした生姜が入っています。
生姜好きの私としては、これだけでも嬉しいです。

大きなチャーシューが一枚と、1cm大にカットされたチャーシューが数個入っています。
具は他に、ネギと玉ねぎです。

麺もスープも好みのタイプで、美味しく頂きました(^^♪
生姜が入っているので、身体も温まりました。

小樽でラーメンが食べたくなった時は、是非また訪れたいです。

theme : 北海道
genre : 地域情報

ステンドグラス美術館

小樽のステンドグラス美術館に訪れました。

DSCN8768_convert_20170128134752.jpg

2016年の夏頃?にオープンしたようで、じゃらんで紹介されていました。

旧高橋倉庫が使用されているようです。

19世紀末から20世紀初めにイギリスで製作され、実際に教会で使用されていたステンドグラスなのだとか。

テレビで紹介されていた時は、東洋一の展示数なのでは・・・との事でした。

漠然とした印象で訪問した私ですが、入館すると圧倒されました。
これが本物のステンドグラスなのだと・・・

DSCN8764_convert_20170128134721.jpg

ステンドグラスには、人物や動植物、剣や食物などが描かれ、教えや意味がある作品でした。

人々は、このステンドグラスの前で、何を思ったのだろう・・・と思い、一つ一つの作品をじっくり鑑賞しました。

フラッシュ撮影や音が鳴るカメラでの撮影は、禁止されています。
他の方に配慮して頂ければ・・・という事で、許可を得て撮影させて頂きました。

ステンドグラス美術館から続き、アール・ヌーヴォーグラス館も見学できました。

こちらは、旧荒田商会のようです。

DSCN8771_convert_20170128134819.jpg

19世紀末から20世紀初めの素晴らしい作品が展示されていました。



theme : 北海道
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。