10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

momo cafe

厚真町のmomo cafeに訪れました。

DSCN5642_convert_20150505124736.jpg

はぐれカフェ本で紹介されていて、以前から訪れたいと思っていたカフェです。
GWに訪問しました。

ドアが綺麗な色でした♪

DSCN5645_convert_20150505124757.jpg

長くなりそうなので、最初にまとめると、以下をクリア出来る方にオススメです。

★猫がいるので、猫好きな人
★時間にゆとりがある人
★営業時間内でも、閉店覚悟で訪問出来る人

*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

お店には、エゾリスが遊びに来る事があるようです。
エゾリスに会えればラッキーですが、猫好きな私達は、猫に会えるかも?と、思いながら訪れました。

お店に到着すると、駐車場には5台程車が停まっていました。
丁度1台分の空きがあったので、駐車出来ました。

お店の外には、移動販売車が停まっていています。
どうやら、ピザが販売されているようです。

屋根には猫の飾りが♪

DSCN5671_convert_20150505125308.jpg

わくわくしながら店内に入ると・・・
只今waitingで、30分〜60分後に再来店をお願いしています。外でお待ちください。
・・・と説明がありました。

店内を見ると、2名+αのテーブル席が3席、大きな相席用のテーブルが1卓です。
相席用の大きなテーブル席は空いていましたが、座れないようでした。

外でお待ちくださいとの事だったので、お庭を見て時間を潰そう・・・と、外で待ちます。

DSCN5646_convert_20150505124824.jpg

待っている間に、続々と来店客が・・・

先程、名前を書いたり聞かれなかったし、席が空いたら順番通りに呼んで貰えるのかしら?
再来店と言う事は、時間を見計らって行くと言う事??・・・と、色々疑問があったので、女性のグループ、カップルの後に続き、再び店内に入ります。

女性のグループは、ケーキのお持ち帰りの予約で、後ほど取りに来るとの事でした。
その後のカップルは、カフェ利用のようでしたが、只今closeさせて頂いています。と説明されていました。

close!?と聞き驚きながら、先程waitingと案内されましたが・・・と、疑問に思っていた事を尋ねると、waitingと案内された人は、closeになっても大丈夫との事でした。

すぐにカフェメニューを提供出来ませんが、空いた席でお待ち下さいと、今度は店内で待たせて貰える事に。

外で時間と順番を気にしながら待つよりも、その方が断然助かります。
相席用の大きなテーブル席で、待つ事にしました。

お店は女性店主が一人で切り盛りしているようで、とても忙しそうです。

様子を見ていると、1組のオーダーを取ったら、メニューは次に待っている2組目テーブル席へ。
1組目のドリンクやケーキの準備を行い、テーブルに運んだら、オーダー待ちの2組目にオーダーを聞きに行く・・・という流れのようです。

どうやらオーダー待ちのテーブルが複数あると(重なると?)、席が空いていても、waitingになったり、closeになるようです。

タイミングが悪いとcloseになるのか・・・と思うと、waitingで良かった・・・と思います。
こちらのカフェ目的で、はるばる訪問したのに、closeでは残念過ぎます。

幸い私達には時間があったので、ゆっくりと店内を楽しませて頂きました。

DSCN5648_convert_20150505124848.jpg

フェルトのエゾリスなどが可愛らしいです♪

DSCN5651_convert_20150505124909.jpg

こちらはふくろうさん♪

DSCN5652_convert_20150505124935.jpg

お冷グラスも可愛いです♪

DSCN5649_convert_20150505130654.jpg

お冷を運びながら、お待ち頂きますが・・・と申し訳無さそうな店主。
お店のシステムがわかったので、待つのは大丈夫です♪と返答します。

雑誌などが置かれているスペースの横には、看板娘の「チィチィ」が丸くなって眠っていました。

DSCN5660_convert_20150505125122.jpg

『りすが遊びにやってくる森のcafeの12ヶ月』は、こちらのカフェのフォトブックでした。

DSCN5661_convert_20150505125146.jpg

エゾリスが窓越しに店内を覗いている様子。
それを店内から猫が見ている写真などがあり、可愛らしかったです。

その後、メニューが運ばれてきました。

ケーキは、残り1種類になってしまったようです。
当然、そのケーキをオーダーします♪

どうやら私達のケーキが、ラストだったようです。
その後closeが解除され、waitingになりましが、只今お出し出来るケーキはありませんと説明されていました。

★アールグレイ

DSCN5656_convert_20150505125036.jpg

ポットで運ばれ、カップに3杯取れました。

★カプチーノ

DSCN5655_convert_20150505125012.jpg

★季節の柑橘類のタルト

DSCN5657_convert_20150505125056.jpg

柑橘類はとても瑞々しく、柑橘類特有の苦味や酸味が邪魔をする事無く、とても美味しいです。
タルトと柑橘類の間のクリームは甘過ぎず、全体的にとてもバランスの良い、上品な味わいの美味しいタルトケーキでした。

ケーキのメニューを見ていないので、価格がわからないままオーダーしたのですが、お会計のレシートを帰りに車内で見て驚きました。

このケーキ、とってもリーズナブルでした。
レジの打ち間違いでなければ、280円です。

ドリンクは種類が豊富で、350〜500円ですが、ドリンクよりもリーズナブルだったとは!
クオリティーの高いケーキが、このお値段とは驚きです。

私達のケーキを運び終わった後、ミキサーの音が聞こえて来ました。
どうやら店主が、生クリームをナッペしていたようです。
程なく、レジ横の冷蔵庫にイチゴが乗ったホールケーキを入れていました。
これはカフェ用のケーキでは無く、先程予約が入ったケーキのようです。

カフェを一人で切り盛りし、合間に当日予約のケーキを作る。
これはかなり大変だと思います。

雑誌やツイッターなどで、リスが遊びに来るカフェとして紹介されているので、GWや夏の観光シーズンは、多くの来店客があると思われます。

一生懸命、ほぼ一人で切り盛りしているので、応援したいカフェです。
ただ、タイミング次第でcloseになったり、waitingの場合は、あくまでも再来店というスタンスなので、それらを理解した上で訪問しなければ、残念な思いをするかもしれません。

私達はたまたま、waitingでケーキを頂けたので良かったですが、これがcloseと言われていたら、印象は良くなかったと思います。

愛称が「タヌキ」の「ルル」

DSCN5665_convert_20150505125214.jpg

店主のお父さんに連れられて、外から店内にやって来ました。

帰る時に、外にはお店と同じ名前のモモがいました。

DSCN5669_convert_20150505125239.jpg

他に、ズズ、チャチャ、うっしーがいるようです。
殆どの猫が、野良猫や譲渡会などで出会った猫なのだとか。

ロールケーキ、ミルクレープなどのケーキもあったようです。
食器やインテリアも素敵でした♪
次回は空いている冬に訪れて、ゆっくりと過ごしてみたいカフェでした。


夏に向けて、欲しい食器です♪


モモカフェカフェ / 苫小牧)

昼総合点★★★☆☆ 3.8

スポンサーサイト

theme : 北海道
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter