08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝麦の風工房 十勝地粉

かなり前に購入した、十勝麦の風工房 十勝地粉 全粒粉タイプ(500g)です。

DSCN7378_convert_20160129155500.jpg

コープさっぽろで、329円でした。

一般的な小麦で使用される胚乳の他、ふすまと胚芽も含まれています。

DSCN7666_convert_20160419144504.jpg

ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノール、鉄、亜鉛などの栄養素が高く、小麦本来の風味が豊かになります。

私が初めて地粉を使用したのは、5〜6年前です。
母から貰い使用したのですが、とても風味が良いパンになり、気に入っていました。

ここ数年は使用していなかったのですが、久々に地粉のパンが焼きたくなり、購入しました。


地粉100% 250gの場合、水は粉に対して80%(200ml)
地粉30% 強力粉175g 地粉75gの場合、水は76%(190ml)

・・・とパッケージに記載があります。

以前作っていた時の配合は?と思い、健忘録であるブログを見直しましたが、どうやら結構適当に配合し、適当な水分量で作っていたらしく、全く参考になりませんでした^_^;

今回はきちんと計算して作る事にします^_^;

ライ麦125g、地粉140g、強力粉235g、計500gの粉で、レモン汁とオリーブオイルを加えるレシピでは、水は粉に対して58%(290ml)が好みでした。

最初は60%(300ml)で作りましたが、生地がべた付いて打ち粉(3〜5g程度)が必要でした。
次に59%で行いましたが、同様にべた付きました。

パッケージには、一般的な小麦粉よりも水が多めが良いような記載でしたが、ライ麦などを混ぜた場合は、一概に多めとは言えないようです。

いつもはライ麦125g、強力粉375gで、280〜290ml程度の水なので、地粉を使用しても敢えて水を多くする必要な無い気がしました。

室温や湿度、水の温度にもより異なるので、一概には言えませんが、水の加減は一般的な小麦粉よりもシビアな印象です。

ちなみにこの地粉でパンを焼いたのは、湿度の低い1月位でした。

焼き上がりの色は、一般的な小麦粉よりもよい焼き色です♪

DSCN7668_convert_20160419144521.jpg

風味も良く、美味しく頂きました(^^♪

十勝方面に訪れたら、是非お店に行って、色々な商品を見てみたいです。


スポンサーサイト

theme : 北海道
genre : 地域情報

帯広ドライブ

帯広の田園風景です。

DSCN3731_convert_20140811160257.jpg

新嵐山スカイパーク展望台です。

DSCN3724_convert_20140811160232.jpg

天気は良かったのですが、視界はあまり良くありませんでした。

DSCN3723_convert_20140811160202.jpg

見た事がない程の大きなトラクターが来ました。

DSCN3753_convert_20140811160039.jpg

車線から出てしまう程の大きさです。
前後を護衛されて一般道を走っていました。

ナイタイ高原です。

DSCN3759_convert_20140811160121.jpg

日没近くだったので、暗くなって来ています。
青空のナイタイ高原を見てみたいです。

帯広市内で見つけたリスの砂箱。

DSCN3752_convert_20140811160021.jpg

とても可愛らしい砂箱です♪
別の場所ではリス注意の看板がありました。

またゆっくり訪れたいです。



theme : 北海道
genre : 地域情報

十勝産小麦100%★満寿屋(ますや)麦音店

以前から訪れたいと思っていた憧れのパン屋さん、満寿屋(ますや)麦音店です。

DSCN3738_convert_20140811155350.jpg

創業1950年の十勝のパン屋さんで、十勝産小麦を100%使用しているそうです。

駐車場は広々としています。

DSCN3739_convert_20140811155419.jpg

入り口には、パンの大きなリースが♪

DSCN3740_convert_20140811155519.jpg

平日15時半過ぎの訪問でしたが、種類は豊富にありました♪

ハード系、ソフト系、ディニッシュ系、サンドイッチやピタパン、ピザなどあり、選ぶのも楽しいです。

大きなカンパーニュもあり、気になりましたが、カンパーニュを購入すると他のパンが消費出来なくなってしまうので断念しました。

イートインコーナーもあります。

DSCN3749_convert_20140811155919.jpg

豚丼でお腹が一杯でしたが、イートインも利用する事にしました(^^ゞ

★とかち牛カレーパン(173円)

DSCN3742_convert_20140811155707.jpg

2cm程度の十勝の牛肉が入っています。
カレーは辛過ぎず、子供も楽しめそうです。
外側がパリっと揚がっていて、美味しく頂きました。

★山ぶどうジュース(80円)

DSCN3743_convert_20140811155729.jpg

ドリンクはアイスコーヒー(100円)、山ぶどうソーダなど数種類ありました。

★パウダー?とレシートに記載されているパン(140円)

DSCN3741_convert_20140811155549.jpg

チョコがかかっていて甘そうに見えますが、夫によると甘さ控えめで美味しかったようです。

★まきばのミルク(151円)

DSCN3744_convert_20140811155754.jpg

牛柄のペーパーが巻かれています。
やや硬めの食感で、クリームは甘めだったようです。

帰宅は遅くなる予定だったので、イートインスペースで袋のまま撮影しました。

DSCN3746_convert_20140811155824.jpg

★麦音メロンパン(130円) 左下

フワフワなようで、トングで取ると凹んでしまうようです。
メロンパンのトレーには、お好み焼きを返す時のような大きなヘラが置かれていました。
生地にには、練乳を混ぜ込まれているそうです。
メロンパン好きの夫も美味しく頂けたようです。

★ライ・フロマージュ(184円) 下中央

ライ麦パンとクリーミーなチーズの組み合わせ。
とても美味しく頂きました。

★プレッツェル(140円) 右下

こちらもチーズが入っているハード系のパンです。

★パン・オ・ショコラ(162円) 左上

★スイートチーズ(140円) 上右側

サクサクのデニッシュ生地に、真ん中には四角いチーズが乗っています。
デニッシュのバターの甘みで、決して甘い訳ではないようです。

★麦皇一斤(198円)

DSCN3747_convert_20140811155846.jpg

購入時はまだ温かく、袋が開封された状態で販売されていました。
私好みではなかったですが、夫は美味しく頂けたようです。

★おまけのパン

DSCN3750_convert_20140811155955.jpg

イートインスペース横の出入口には、外の芝生でも楽しめるように、レジャーシートや座布団が用意されていました。
過ごし易い気温の時は、外で頂くのも気持ちが良さそうです♪

以下は、帰宅後に撮影しました。

★プレッツェル(140円)&ライ・フロマージュ(184円)

DSCN3762_convert_20140811160404.jpg

★とろーりチーズ(237円)

DSCN3760_convert_20140811160345.jpg

翌日、オーブンで軽く温めて頂きました。
ライ麦?の風味が豊かなパンです。
もっちりとした生地に、チーズがたっぷりで美味しかったです。

十勝産小麦のパンを、リーズナブルに満喫出来ました♪

パンが美味しかっただけに、残念な点も・・・

★トレーに汚れ、パンくずが残っていました。
★イートインドリンクの下に敷かれた、白いシリコンマットに茶色の汚れが付いていました。

使い回すトレーやシリコンマットをチェックして、綺麗にしていないのかしら?と思う出来事でした。
汚れたままよりも、綺麗な方が気持ちが良いと思うのですが・・・

麦音 パン / 帯広駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


theme : 北海道
genre : 地域情報

元祖 豚丼のぱんちょう

帯広駅近くにある、元祖 豚肉のぱんちょうです。

DSCN3733_convert_20140811155222.jpg

約15年ぶりの訪問です。

到着したのは平日の15時。
駐車場はないので、お店の向かい側の帯広市営駐車場(帯広駅北地下駐車場)に車を停めました。

こちらのお店を訪問する前に、別の豚丼のお店を訪れたのですが、14時半過ぎにも関わらず、外まで列が出来ていました。
お腹も空いていた上に、暑い外で待つ元気も無く、こちらのお店へやって来ました。

引き戸を開けると、15時とは思えない程の来店客がいました。
こじんまりとした店内なので、座席数はそれ程多くありません。
6人テーブルに案内され、先客との相席となりました。

松竹梅と華の4ランクあり、ご飯の量はどれも一緒で、豚肉の量がランクアップする毎に多くなります。
標準は竹(950円)との事で、私達は竹をオーダーしました。
(漬物付き、味噌汁は別途注文になります。)

ちなみに、松竹梅と言えば普通は松>竹>梅ですが、こちらのお店は梅>竹>松になります。
創業者の妻である女将さんの名前が「ウメさん」という事で、梅>竹>松になったようです。

以前訪れた時は、着物を着たウメさんの姿が印象的でした。
今回はウメさんの姿は無かったので、寂しく感じます。

私達の他に2組程、豚丼待ちがいたようです。
時間がかかるのを覚悟していましたが、思いの外早く、8分程で到着しました。

蓋を開けると、蓋の裏に豚肉がくっつく事があると説明がありました。

DSCN3734_convert_20140811155247.jpg

厚みのある豚肉ですが、程良い食感です。

DSCN3735_convert_20140811155314.jpg

脂身が苦手な私ですが、脂身も美味しく頂きました。
全体的に脂っぽくなくシンプルな味わいです。
タレは程良い醤油味だと思いますが、濃い味が好みの夫はもう少し醤油味が欲しかったようです。

ご年配の方もいらしていて、老若男女食べやすい豚丼なのではないかと思いました。

車椅子に乗った方もいらしていました。
店員さんは車椅子の誘導も慣れているようで、通りやすいように観葉植物を移動するなど、とても手際よく対応されていました。

とてもお腹が空いていたので、満喫しつつも、あっという間に食べ終えました。
次から次へと来店客があるので、早々にお店を後にしました。

駐車場に戻り精算すると、駐車料金は何と無料でした。
最初の30分間は無料で、以後30分ごとに100円だったのですが、どうやら30分以内で戻って来れたようです(^^ゞ






ぱんちょう豚料理 / 帯広駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

theme : 北海道
genre : 地域情報

プロフィール

tortoiseshell

Author:tortoiseshell
北海道内のドライブ、旅行、グルメを綴っています。

手作りパン、スイーツ、料理は、以下のブログをご覧下さい。
http://tortoiseshell-diary.at.webry.info/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。